Home

台湾のホテルをレポ♪おすすめはどこ?

台湾圓山大飯店

私は台湾と日本のハーフなのですが、今回は数多くある台湾のホテルの中から一番のお気に入りの台湾圓山大飯店をご紹介したいと思います。

日本から台湾へ行くと台北にある台湾桃園国際空港に到着するのですが、圓山大飯店へはここからバスが出ており、約1時間から1時間半かかります。バスの料金は大人90元、日本円にすると約1400円といったところでしょうか。ちなみに子供やお年寄りは半額チケットがあります。

大飯店に向かって坂を上っていくと、すごく大きくて赤い建物が目に入ってくるはずです。この時点でもう感動します。14階建てで、客室は487室あるらしいので相当広いです。中の作りは赤と金がメインで中国式の壮大な造りとなっています。私がこのホテルをおすすめする理由のひとつはなんといってもこの伝統的な造りです。

ちなみに、ロビーには日本語がしゃべれるスタッフもいるので安心です。

入り口の門をくぐると、やはりまずその広さに驚かされるとおもいます。本館だけでも広いのに本館からのびる別棟があるのです。別棟にはお土産屋さんや綺麗な噴水などもあり館内を散策するだけでもかなり楽しいです。

客室はかなりきれいで、さすが、5つ星といったところでしょうか。圓山大飯店という名のとおり周りは緑で囲まれており、客室からの眺めも最高なのです。プールやジム、テニスコート、うちっぱなし、ビリヤードなどもありレクリエーションもかなり充実しています。

大飯店の中にももちろんレストランはありますが、折角台湾に来たのだから、私は街に出て屋台などで食事をするのがおすすめです。私のおすすめする台湾圓山大飯店、是非一度泊まってみてください。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

シェラトン台北

中山駅からは少し離れていますが、台北駅には地下通路から歩いて行ける立地です。
私は、エグゼグティブフロアに3泊、また、違う機会にはスタンダードツインに3泊しました。

まずエグゼグティブフロアですが、専用カードがないとフロアにはいれませんしエグゼグティブフロアに宿泊しているお客様専用のコンシェルジュがお世話してくれたり朝食サービスがつくなど、さすがのパフォーマンスです。シェラトンのエグゼグティブラウンジの朝食は、なかなか素晴らしく蜂蜜を「蜂の巣」から直接しぼりとっていただけるような面白いものもあり主人とふたりで、何回もいただいてしまいました。ラウンジではコーヒー紅茶はもちろん、簡単なカクテルなどもいただけますし夕方のカクテルアワーには、軽食もでますからどうしても「きっちりごはん」という事でなければこのラウンジだけで、食事のほうは賄えるほどでした。

反対にスタンダードツインは、かなりシンプルな作りで「泊まるだけならいいかな」という感じでした。

といっても、どのお部屋も清潔でしたし、スタッフも親切、空港までのバス停も、ホテルのすぐ隣にありますから、便利なホテルだと思います。ホテルの裏手には、いろいろな屋台のお店が沢山ありますから食事も心配なく、快適な滞在ができるホテルです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

緑峯大飯店

緑峯大飯店は台北のMRT雙連駅から徒歩15分弱のところにあります。大きな通りから一本中道に入ったところにあるので、目立たないところにあります。台北駅からタクシーに乗ると、100台湾ドルくらいで行くことができます。

部屋は広くはありませんが、綺麗にリフォームされていてとても清潔感がありました。電気ポットも備え付けられていますが、エレベーター横にはウォーターサーバーがあるので、飲料水がもらえてとても助かりました。浴室も清潔で、トイレはウォシュレット付きでした。若干、シャワーの水圧が弱いかなと感じましたが問題になるほどでもありませんでした。

日本人が多く利用するホテルのようで、日本語を話せるスタッフが多かったです。清掃係の方もニコニコしていて感じが良く、毎日綺麗に掃除されていました。朝食は和食、洋食、お粥のセットの中から選ぶことができ、連泊しても飽きることがありませんでした。レストランのスタッフも日本語ができるようで、日本語が飛び交っていました。

ホテルの周りにはコンビニや飲食店が多いので便利ですし、最寄り駅の雙連駅からは地下街を通って三越デパートなどがある隣の中山駅まで行けるので買い物にも便利です。価格も手ごろな上に、とても気持ちよく滞在できたので、次回もまた利用したいです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ロイヤルシーズンズホテル台北

リーズナブルですが、大変居心地の良いホテルです。中山駅から女性の足でフラフラ歩いても10分ほどでしょうか。周囲は、問屋街なので、治安もいいですし、ホテルの周囲には軽食のお店も沢山あります。

お部屋は広く、清潔です。シーツもタオルもパリっとしていて、気分よく使えました。私はダブルルームのシングルユースでしたがちょっともったいなかったと思うほど、広々していました。特にバスルームの豪華さは、「なぜ?」と不思議に思うくらいでシャワーブース、バスタブが別々は当然の事ながら、そのバルタブがジェットバスになっていてさらに、7色の光がキラキラと点滅し、いささか恥ずかしく感じるほどでした。アメニティはロクシタンでした。

食事も美味しいです。私は朝食付きのプランでしたので毎朝、地下の食堂に食べに行きましたが、洋食と中華が選べ、ほかに骨つき肉の麺もあり最終日に食べたこの麺が一番美味しかったのが印象的でした。

スタッフも皆親切で、カタコトの日本語でコミュニケーションがとれます。中山駅までの送迎もフレキシブルにお願いできますから私はよく三越まで買いものに行ったり、食事に行ったりしました。空港までの送迎もひとり3000円ほどでお願いできました。ゴージャスさを求めなければ、食事・部屋の清潔さ・治安などの面からかなり良いホテルだと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

台北福華大飯店

台北福華大飯店 / ハワード プラザ 台北
四泊五万円 大人二人 子供一人
立地 観光アクセス→駅から近い。歩いてデパートへはいけるが大変暑く子供連れだったため困難を感じた。ほとんどの移動はタクシーで夜市や101へ出かけた。
きれいさ →新しくはないが古臭くもない。吹き抜けが開放感がある。室内のクッションなどアジア風でよかった。野外プールを利用したが監視員がいて安心した。
対応 →ハウスクリーニング、ベルボーイ、フロントなど気持ち良い対応でした。特にベルボーイには滞在中ドライバーを借りたり、タクシーを呼んだりお世話になった。こちらは日本語より英語で話すこともあった。ホテル内で台湾式シャンプーできるのも良い。
食事 →朝食ブッフェを食べた。特に感動もなく不満もない。レストランはいくつかあったが利用しなかった。屋台などで済ませてしまった。

シャーウッド台北
三泊 六万五千円
立地 観光アクセス →駅から近いが移動はタクシーを利用。免税店へは徒歩圏。コンビニ、カフェ、レストラン多数。松山空港が近く便利。
きれいさ →ロビーは品のいい調度品と花。柔らかい印象。ベルボーイの動きは滑らかで心地よい。日本語もだいたい通じる印象。巨大すきずちょうどよい。フロントからエレベーターが確認できるのが安心。
対応 →ハウスキーピング、フロント、ベルボーイ、プール、エステ、レストランなどどこでも心地よかった。挨拶、説明、アドバイスが適切でした。
食事 →レストランで北京ダックを食べた時、朝食で利用した時も心地良く美味しく頂けた。

また是非行きたいホテルです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

台北ガーデンホテル(花園大酒店)

台北ガーデンホテル(花園大酒店)は空港からもアクセス抜群です。

ツアーだったためいくつかのホテルを経由してからの降車となりましたがそれでも朝のように道が空いている時は1時間前後での到着でした。また、MRTの駅からも大変近く、最寄駅は小南門となります。MRTの駅に近いと言うことはそれだけで大変利点で台湾のMRTは利便性が非常に高いため個人で多くの観光に出かけることができます。

九分など遠くに行く際は、もちろんタクシーの方が便利なのですがホテルでタクシーを手配した際も大変丁寧に手配して頂き信頼のおけるタクシーが迎えに来てくれたので安心です。

このように、このホテルには日本語が上手なスタッフがいるため滞在中の面倒を多く見てくれます。ホテルの案内が書かれたファイルも全て日本語表記です。全く不自由なく過ごせるのが魅力です。室内も日本人観光客を意識しているためか大変綺麗でお風呂場もバスタブとシャワーブースに分かれており大変使い勝手が良いです。水周りも綺麗に掃除されていたのが大変印象的でした。

食事もホテル内にレストランが複数入っているため夕方にホテルに着いた―なんてときも困りません。

総合して大変過ごしやすく、日本人向けのホテルだと私は言えるんじゃないかな、と思います!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ユースホテル

数年前に台湾に一人旅に行った時に利用したのは台湾中央駅の若者街にあるホタルというユースホテルに宿泊した。場所は商店街の真ん中にあり、タクシーの運転手も知らないくらいの所で
入口は解りずらいところにあった。

中を入るとすぐに階段があり、いかにも古き台湾の風情が漂っていた。中二階には美容室があり、鉄条鋼のドアがあった、ブザーを押すと日本語が堪能な管理人の年配のおばさんがでてきて、鍵を開けてくれた。ロビーにはソファがあり、団欒できるスペースがあった。念のために部屋をみせてもらったが、思いのほか清潔でベッドとテーブルが置いてあった。

ここは一泊700元で二泊以上すると600元で、日本円で7000円ほどであった。アクセスは非常によく、周りには日本料理屋などもあり、食事には困らなかった。管理人のおばさんはとてもフレンドリーで、日本人観光客の扱いには慣れていて、台湾観光のみどころを丁寧に教えてくれました。

洗濯も無料でしてくれるサービスもついており、一人旅の私にとってはありがいたいサービスであると思った。セキュリティーも万全で門限は12時ぐらいと決まっていた。台湾旅行初心者にはとてもいい施設であると思いました。バジェットトラベラー―にとってはお薦めだと思います。ローシーズンだったので、空き部屋はいっぱいありましたが、ハイシーズン時は予約が必要だと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

大爵商務飯店

大爵商務飯店は桃園空港からタクシーで約15-20分のところにあります。

タクシー料金は500台湾ドル弱でした(2013年7月)。

このホテルを2度利用したことがありますが、どちらの時もタクシードライバーさんはホテル名だけでは分からなかったので、住所も一緒に伝えるとスムーズかと思います。

ホテル内は「カーペット交換中につき、少しにおいがあります。」という貼り紙の通り、少し臭いましたが、ものすごく気になるという事もありませんでした。部屋は広めで、古めの雰囲気ながらも清潔感がありました。また、ミネラルウォーターやコーラ、バナナ等のサービスがありました。

一点気になったのは、掛け布団にタバコのようなにおいが付いていて臭かったことです。

朝食はバイキングスタイルで、お粥、パンや焼きそば、数種類のおかずやサラダがあり、飲み物もジュースやコーヒー、お茶などがありました。レストランの方も感じがよく、食べ終わった食器を素早く片付けたりしていてテキパキと動いている印象がありました。高鉄駅までの送迎付きプランを予約していましたが、チェックアウト時に確認すると車の手配がされておらず、少し待たされるという事がありました。スタッフの感じがいいので、気持ちよく滞在する事ができました。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top